満室経営を可能にするガレージアパート

GLB 運営経営を可能にするガレージアパート

lineup

ラインナップ

GLB 1+1
住宅ローンで作るガレージアパートGLB

楽しく暮らす(生活)と生産装置(経営)の二つの要素を両立させた賃貸併用住宅。アフターコロナ時代、生産装置を持つ住宅こそが暮らしを豊かにするのです。

OTHER
VARIATION

オーナー住居とGLBが同居する
新しい賃貸のカタチ

GLBは様々なバリエーションで建てることができるのも大きな特長です。 写真のモデルは、右側半分が、2世帯の賃貸ガレージアパートメントで、左側半分がオーナーのガレージ付き住居というパターンです。 オーナー住居は、GLBユニットを2つ繋げてあるので、ファミリーでも快適に暮らすことができます。 また、これにより、アパート付きなのに住宅ローンの申請が可能。施主にうれしい仕様が完成しました。

FOR
LESSE

モダンな印象で入居者を選ばない賃貸部分

GLBのスタンダードな仕様をベースにした賃貸部分。しかしこのプランでは、ガレージスペースはしっかりと確保しつつ、奥にもうひと部屋追加してあります。 ここはストレージやホビールームなどとして活用していただくのに最適です。 2階部分は大型の採光窓と、フローティングスタイルのキッチンを備えたシンプルな空間で、ロフトは就寝スペースとしての利用ができます。 オフホワイトの塗り壁仕様と、マットブラックの鉄骨のコントラストでモダンなテイストに仕立てているので、通常のGLBよりもやや落ち着いた印象です。

FOR
OWNER

趣味と夢が詰まった快適なオーナー住居

2×4スパンのGLBを2つ繋げ、一部の壁を取り払った仕様なので、広さは単純に2倍です。 1階ガレージ部分には愛車が鎮座。そしてそこに隣接する玄関入り口は土間空間になっており、トレーニングマシンを設置してあります。 玄関脇にある螺旋階段『ダイナソーボーン』を昇ると、アイランドキッチンを備えた、明るく広々としたリビングダイニングが広がります。 そのさらに上には吹き抜け上部から燦々と日が差し込む、日当たりの良いベッドルーム。 しかも屋根全体を使った、ストレージ付き屋上まであるという、まさに趣味人の夢が凝縮されたような一軒となっています。

上写真の手前に写るのが、広々とした土間スペースで、マシンを置いて、トレーニングルームとして使用。ガラスを隔てた奥には愛車を格納しています。

下写真は、ガレージ側から玄関を見た様子。玄関の脇から、螺旋階段を上って2階部分にアクセスします。

賃貸併用住宅を可能とする50%ルール

賃貸併用住宅は、「自宅部分の割合が50%以上かそれ未満か?」が1つのポイントとなります。50%以上が自宅の賃貸併用住宅は、住宅ローンを借りて建物全体を建築したり、住宅ローン控除が適用できたりするのです。

50%以上が自宅の賃貸併用住宅の主なメリット

  1. 1:住宅ローンで建てることができる 50%以上が自宅の賃貸併用住宅の場合だと、住宅ローンを借りて建物を建てることができます。住宅ローンのメリットは、アパートローンに比べ金利も安く、借入期間も長くできることです。それに対して、アパートローンの借入期間は建物の耐用年数を上限としている銀行が多く、建物の耐用年数は木造なら22年となっています。借入期間を長く組めるということは、毎月の返済額を小さく出来ることを意味します。同じ金額のローンを借りる場合も、35年と22年では22年の方が毎月の返済額が大きくなるということです。
  2. 2:自宅部分に住宅ローン控除を適用できる 住宅ローンを使って50%以上が自宅の賃貸併用住宅を建てた場合、自宅部分に関しては住宅ローン控除を適用できるというメリットがあります。住宅ローン控除とは返済期間が10年以上のローンを組んで住宅を購入した際、自分が住むことになった年から一定の期間に渡り、所定の額が所得税から控除される税金特例です。住宅ローン控除はサラリーマン最大の節税対策ともいわれており、利用できるかどうかは大きな差があります。10年以上のローンを組んだ場合、この住宅ローン控除(ローン控除額=自宅部分の借入残高×1%)が適用されることになります。

CONTACT

GLBやDAYTONA HOUSEに関するお問い合わせ

TEL:03-6228-4933

営業時間 平日/10:00〜18:00(土日祝休)